HOME>ふたつの顔を持つ>ふたつの顔を持つ

本格派のスイーツ

JR常盤線三河島駅から徒歩8分の距離にあるのが、荒川区で話題を集めている洋菓子店【欧風菓子サブロン】です。第二日暮里小学校がお隣にあるので、ママ会などの手土産に選ばれていたり、お子さんのお祝い用にも利用されたりする洋菓子店です。コチラのパティシエ山崎博司さんは、スイスやベルギーでも修業してきた実力者で、見た目も美しいケーキがショーケースを飾っています。お子さんもペロッと食べられる小ぶりのサイズですから、比例してお手頃価格も魅力になっているようです。ちなみに、店名の由来はチョコレートで有名なベルギーの広場から名づけたそうで、看板スイーツは言わずもがな「サブロン」というバターケーキ(410円)です。発酵バターを使っているだけあって、濃厚なモッタリしたクリームがスポンジにサンドされています。長年愛されている街の洋菓子店にあるバタークリームとは、ひと味もふた味も違うクリーミーな味わいです。また、焼き菓子や飴細工も好評で、バラ売りから箱のセットまでがあります。焼き菓子も個包装なのが嬉しくなるポイントで、100円台から提供されているから、手土産にぴったりです。ちなみに、話題となるのは「裏サブロン」が営業してあるからです。甘いのを食べたら、店の裏手にあるつけ麺屋を利用してみましょう。荒川区ではココだけかもしれない、スイーツとラーメン店を店主がきり盛りしています。

もっと知ろう